ソーラーパネルpart2


2020/09/24 15:26:17

管理メンテナンス部の中塚です

本日は昨日の続きになります!

昨日のブログをまだ見ていない方はぜひご覧ください!

では本題へ移りましょう!

萩原工業株式会社代表取締役萩原裕介太陽光ブログ記事アップ

太陽光発電の仕組み…一体どうやってどんな原理で電力が発生しているのか

ご紹介いたします!

パネル内は二つの半導体があります

電気をよく通すものを導体、全く通さないものを絶縁体といいますよね

半導体はそのちょうど真ん中あたりのものです

二つの半導体「n型半導体」と「p型半導体」

パネルに太陽光が当たると、n型半導体のほうに「-(マイナス)の電子」

p型半導体のほうに「+(プラス)の電子」が集まります

そして、2つの半導体をつなぐ導線を伝わって、-の電子が+の電子のほうに移動

この電子の流れを利用して、電気を取り出しているのが太陽光発電です

きっと学校の授業で習ったのでしょうけど、全く覚えていませんね(笑)

説明を聞いてもなお思い出せません

どんどん記憶は薄れていき、記憶力もなくなってくるんですね…

気候も秋めいてきました

今年は勉強ついでに「読書の秋」にしようかなぁ、なんて思います

皆さんは○○の秋、〇には何が思い浮かびましたか?

季節の変わり目ですから、くれぐれもご自愛ください

群馬県

萩原工業株式会社

代表取締役社長 萩原裕介