キュービクル


2020/09/18 15:46:21

管理メンテナンス部の中塚です

先日のパワーコンディショナーに続きまして

太陽光発電所部材紹介シリーズ第二弾

本日は「キュービクル」です!

…って言われても、ですよね

実物はこちら

なかなかの存在感です

大型商業施設や病院の裏なんかにも設置されていますよね、一度はどこかでご覧になったことがあるのでは?

では本題の役割のご紹介ですが

先述した「大型商業施設」「病院」というところにヒントがあります

お気付きでしょうか

そうですどちらもたくさんの電力を必要とする施設ですね

このキュービクルは、「高圧受電設備」とも言います

名前の通りですね

たくさんの電力を扱うときに必要な設備になります

私たちが普段使用している電力は100~200ボルト程度

打って変わって、商業施設などで必要となる電力は6600ボルト

そして太陽光発電所などで発電されている電力は何万、何十万ボルトという莫大な単位

いや、そのまま使えるわけないだろ!!…ということでキュービクルの出番です

私たちが使える電力まで変換してくれるんです

パワーコンディショナーのさらに大きい版という感じですね

このキュービクルは特に高い電力を扱うものなので、どこの発電所にも設置されているというわけではありません

以前施工過程にも書きましたが、50kw以上の発電所に必要となります!

https://blog.hagiwara-co.jp/2020/08/31/%e6%96%bd%e5%b7%a5%e9%81%8e%e7%a8%8b%ef%bc%81%ef%bc%81/

キュービクルのある発電所と、ない発電所があるのはどうしてだろう?と

以前まで疑問に思っていましたが、そういうことだったんですね~

勉強になります

第三弾は何にしましょうか

お楽しみに!

群馬県

萩原工業株式会社

代表取締役社長 萩原裕介